コンドロイチンの物流調整作用

私たちの60兆といわれる全身の細胞は、コンドロイチンを構成成分とするプロテオグリカンによって囲まれています。
細胞内に流れる栄養排泄やその他の成分について、毛細血管と協力し、円滑な物流調整を促進しているんです。

この物流調整は、脳の血液胞関門のように細胞に有害な物質の浸入を、コントロールする働きのあることも分かってきました。
水分は、重要な大成分で約60%を占めていて、それを適正に保持することにこのコンドロイチンが重要な働きを示します。

年をとるとこれが減少し、肌にみずみずしさが失われることは、よくご存じのとおりです。
肌の健康に重要な成分として、タンパク質のコラーゲンがあります。

このコラーゲンの生成にはビタミンCが必要です。
活性酸素はこのコラーゲンを傷つけて、シワを増やすことでも知られていますが、コンドロイチンはこのコラーゲンの生成コントロールに関わっていることが分かってきました。

タマゴサミン