グルコサミンが不足すると関節痛になる

グルコサミンが不足すると関節痛になる

グルコサミンは人間の体の中に存在するアミノ糖の一種で、組織に柔軟性や弾力を与える役割をしています。
体内で合成されますが、年齢を重ねると作る力が落ちてくるため不足してきます。

グルコサミンが不足して起こるようになるのが関節痛です。
人間の関節は、骨と骨の間に軟骨という柔らかい物質が存在しています。

軟骨があるからこそ、骨が直接ぶつかり合うことなくスムーズに動くのですが、グルコサミンが減ってくると軟骨もすり減って再生しにくくなってきます。
すると関節がむきだしになって骨が直接ぶつかりあうようになり、動いたり歩いたりする時に痛みを生じるようになるのです。

ひどくなると自分では歩けなくなるため、膝の軟骨がすり減る変形性膝関節症になると寝たきりになってしまう可能性もあります。
若いときからスポーツなどで膝に負担をかけていた人や、太っている人、O脚の人などは特になりやすいので注意が必要です。

グルコサミンが多く含まれている食物としては鳥や牛などの軟骨や鳥皮、山芋やオクラなどがあげられます。
中高年の場合は食事で摂る場合はカロリーにも気をつける必要があるので、グルコサミンが含まれるサプリメントも併用して摂ると良いでしょう。


大正グルコサミンパワープラス