グルコサミンの歴史とサプリメン

グルコサミンの歴史とサプリメント

グルコサミンにおける研究は、今から約50年ほど前からおこなわれるようになりました。
最初は主に、動物を使った実験がおこなわれていたのですが、1980年代には関節の変形を防ぐ効果があることが立証されました。

その後、1990年代には、競走馬の関節の治療に使われるようになりました。
そして現在では、人間の間接の治療に積極的に使われるようになっています。

具体的には、変形性膝関節症の症状の緩和に活用されているのです。
とはいえ日本ではグルコサミンは、医薬品としては認可されていません。

そのためもっぱら、健康食品の一成分として取り扱われています。
そして主にサプリメントに加工され、販売されているのです。

医薬品ではないということは、比較的簡単に入手できるということです。
そのため日本では、グルコサミンのサプリメントは一般化し、変形性膝関節症で悩む人や、それを予防したがっている多くの人に飲まれています。

そしてその需要の高まりから、味における工夫もおこなわれるようになりました。
以前は生臭い風味のものが多かったのですが、昨今では甘い味がして、噛んで食べることのできるグルコサミンのサプリメントも販売されるようになっています。

さらにグルコサミンのウエハースなど、おやつとして食べることができるものもあります。
こういった工夫から、より多くの人が気軽にグルコサミンを摂取できるようになっています。


大正グルコサミンパワープラス