カルシウムは、丈夫な骨を維持するのに必要な栄養素

カルシウムは、丈夫な骨を維持するのに必要な栄養素

関節や骨のために摂取を心がけたい栄養素は、カルシウム・ビタミンC・ビタミンDなどです。
カルシウムは、丈夫な骨を維持するのに必要な栄養素です。

体内のカルシウムの約99パーセントは骨にあり、残りの1パーセントが血液・筋肉・神経などで、生理作用に役立っています。
不足すると骨質が薄弱化し、腰痛・肩こり・骨粗鬆症を招きやすくなります。

含有量の多い食品は牛乳や乳製品・小魚・緑黄色野菜・大豆食品など。
なかでも牛乳や乳製品は吸収力が高く、少量でも効率的にカルシウムを摂取できます。

ビタミンCは、軟骨の4大物質の中の2つ、プロテオグリカンとコラーゲンの生成を促進します。
グルコサミンの吸収を助けて効果を高める作用もあり、市販のグルコサミン製品にはビタミンCを配合したタイプが多いようです。

ビタミンCを多く含む食品は、キュウイやイチゴなどのフルーツ類、ブロッコリーや菜の花などの野菜です。
酸化しやすいビタミンなので、切ったらすぐに食べるようにします。