関節痛の効果的な改善法とは

大変多くの方が、膝・腰・肩など、関節の痛みに悩まされているといわれていますが、関節痛が起こる仕組みと効果的な改善方法について関節症のスペシャリストにお聞きました。

関節のつらい痛み、年齢だけが原因ではありません。

年齢を重ねるとともに、関節の痛みを訴える方は年々多くなってきているようです。
しかし、痛みが起きるのは、年齢のせいだけではないようです。

関節痛になりやすいのは、体重の負担が大きな肥満の人や、関節を支える筋力が弱い人が多いようです。
それがきっかけになったり、古傷が影響して痛みが出る方もいます。

関節痛は、このようにいろいろな要因が重なり合って起きるのですが、ひざの滑らかな運動を助ける半月板という部分にダメージがでた場合に、痛みとなって現れることが多いようです。

また、関節痛がやっかいなのは、痛みや違和感が出てくると動かすのがおっくうになり、関節を使わなくなってしまうこと。
実はこうして、関節を動かさないことで、関節痛をさらに悪化させてしまう原因になっていることが大変多いんです。

膝痛になりやすい人とは?

中高年で増える膝痛の多くは「変形性膝関節症」。
膝の軟骨が減り、関節が炎症や変形を起こして痛む関節痛です。
「変形性膝関節症」は、筋力の弱い女性の方がなりやすく、また肥満やO却の方に多く見られる症状です。

大正製薬 大正グルコサミン