グルコサミンの1日の適切な目安摂取量は1,500mgといわれています。
グルコサミンは、通常の食品にも含まれている成分ですが、体内にグルコサミンを取り入れるには難しい成分といわれています。

そんなグルコサミンを含む食品として、エビ・カニなどの甲殻類の特に外殻をつくる構成として多く含まれています。

これらの材料を使用した食事から、グルコサミンを摂取することはできますが、甲殻類の外殻を食べることは滅多にないのでは..。
しかしながら、その含有量は非常に微量であるため、通常の食事だけでは十分に摂取することは難しく、1日の目安摂取量である、1,500mgの摂取にはなかなか至りません。

ですから日々の食事に加え、サプリメントで効果的に不足しがちなグルコサミンの成分を補うことをお勧めします。
えがおのグルコサミン楽楽」には、カニ由来のグルコサミンが、8粒あたり(1日分の目安)で1,520mg含まれており、目安摂取量を効率よく補うことができます。

タマゴサミン