関節痛にはグルコサミン

グルコサミンは、肘や膝、腰などの関節痛の予防や改善に効果があると言われています。
どのような働きで関節痛に効果を発揮してくれるのでしょうか。

加齢とともに、関節の中でクッションの役割を果たしている軟骨はすり減ってしまいます。
関節の中に多く含まれていて、軟骨細胞を活性化してくれるアミノ酸がグルコサミンです。

軟骨を作るのに必要な、グルコミノグリガンの生成を促すのです。
軟骨が再生するのには時間がかかります。早い人で2週間程度、一般的に8週間程度で変化を実感する人が多いと言われているため、長期の摂取が必要になってきます。

また、関節痛に良いとされるサプリメントのコンドロイチンと、一緒に摂取することで効果が上がるとも言われています。
食品にはあまり含まれておらず、サプリメントとして販売されているものはエビやカニの甲羅から作られています。

そのため、エビやカニのアレルギーがある人はサプリメントの摂取は控えた方が良いでしょう。
グルコサミンを摂取することで症状が良くなったとしても、それは根本的なあくまで症状の改善であって根本的な解決にはなっていません。
医師の診療を受けた上でのサポートや、予防措置として摂取するようにしましょう。

N-アセチルグルコサミン