胃の痛み

内服薬は特に胃腸に副作用が現れやすい

痛み止めに使われる非ステロイド性抗炎症薬は、内服薬でも坐薬でも胃腸に副作用が現れます。
非ステロイド性抗炎症薬の多くは、痛み物質をつくる酵素の働きを阻害して、痛みや炎症を抑えます。

しかし、この副作用によって胃粘膜を保護する働きも邪魔してしまうのです。
その結果、胃の痛みや吐き気などの副作用が起こってしまいます。

貼り薬や塗り薬ではほとんど心配ありませんが、特に内服薬は症状が強くあらわれます。
そのため、胃潰瘍などの既往がある人や胃腸が弱いひとは慎重に使う必要があります。

また、最近ではこうした胃腸障害の副作用が比較的少ないプロドラッグ(体内に吸収された後で有効成分に変わる)や、COX-2選択的阻害薬が用いられるようになっています。

さらに、胃腸障害意外にも薬の代謝にかかわらる腎機能や肝機能に障害が出ることがあり、特に高齢者は注意が必要です。

異常があったらすぐに医師に相談する

副作用と思われる症状が出たときはすぐに薬の服用をやめ、医師に相談してください。
服用量を減らすのが、副作用が少ない薬に変更するなど、対処できます。

また、副作用を防ぐには、痛み止めは頓服に限り、漫然と服用を続けないことも大切です。


大正グルコサミンパワープラス