膝の痛みの多くは変形性膝関節症

中高年のひざの痛みの主な原因

膝の痛みの原因として圧倒的に多いのが「変形性膝関節症」です。
変形性膝関節症は加齢とともに増え、日本では高齢化に伴い患者数が急増しています。

また、現在日本では「ロコモティブシンドローム(運動器症候群)」による歩行困難や介護の問題が注目されていますが、変形性膝関節症はその重大な原因のひとつにあげられており、患者数の増加が心配されています。

女性・肥満・脚の変形のある人はハイリスク

変形性膝関節症は、加齢に伴ってひざの関節軟骨や半月板がすり減ってくることによりおこります。
膝には、体重を支えながら歩く・立つ・座るといったさまざまな生活動作により、常に負担がかかっています。

こうして長年使い続けるうちに徐々に変成が進み、変形してしまうのです。
そして、階段の上り下りや長時間歩くなど、負荷がかかるたびに痛みがでるようになります。

それを治療せずに放置すると、やがて安静時でも痛むようになります。
変形性関節症はだれにでも起こりますが、なかでも女性・肥満がある人・O却の人は要注意です。

女性の場合、男性よりも筋力が弱く、関節の構造が小さいことが影響していると考えられています。
肥満は、体重の重みがそのまま膝への負担になるためです。

O脚は、膝が外側に反った状態になっているもので、専門的には「内半変形」といいます。
O脚だと膝関節の内側に偏って体重がかかるため、その部分の関節軟骨がすり減りやすくなります。

タマゴサミン