適切な運動には優れた治療効果がある

膝の痛みを改善する運動療法

ひざ周囲の筋力強化、可動域の拡大に効果的

ひざ痛の治療では、運動療法が大変重要です。
ひざが体重を支えながら、歩行やさまざまな体の動きに対応出来るのは、ひざ周囲の筋肉や靱帯・腱などの働きがあるからです。

ところが、ひざ痛のある人の多くはこれらの機能が衰えてしまっているのです。
特に太ももの大腿四頭筋の衰えが目立っています。

また、痛みのせいであまり動かさなくなるなるため、ひざ関節の可動域も狭まっています。
ひざを深く曲げられない、しっかり伸ばせないというのはそのためです。

このように衰えた筋力を衰え、可動域を広げるためには運動療法が欠かせません。
運動により、ひざを支える筋力がアップすると、ひざがしっかりと安定して動かしやすくなります。

また、ひざを動かすことで血行が促されると関節液の吸収・排出もよくなり、痛みを起こす物質や老廃物の廃出が促進され、痛みを軽減すると効果も期待できます。

グルコンEX錠プラス