初期段階に心がけたい簡単ケア

「関節が痛いかな?」と感じたときには、すでに変形性関節症は始まっています。
グルコサミンが、そうした早い時期に飲みはじめるのがいちばん有効であるのがいちばん有効であることは間違いありません。

その他日常生活の働きでは、患部である関節に負担をかけないように注意しましょう。
たとえば変形性膝関節症なら、長い時間の正座を避け、立ったままでいるのも30分程度までにとどめます。

また、座った状態から立ちあがるときには、軽い屈伸運動を10〜15回ほど行ってから立つようにします。
膝や足首の準備運動になり、こわばった関節が動かしやすくなります。

朝、起きたときにも同じことがいえます。
長い時間、同じ姿勢でじっとしていたあとに動き出すときには、急に関節に負担をかけないよう注意画必要です。

体重をかけない状態でゆっくり動かしはじめ、筋肉がある程度ほぐれてから高度王を開始しましょう。