3種類のグルコサミンの特徴

3種類のグルコサミンの特徴

グルコサミンとはアミノ糖の一種で、人の関節や肌などに多く含まれています。
したがってこれを摂取すると、関節痛を防いだり和らげたり、肌のキメを整えたりすることが可能になります。

そのためグルコサミンのサプリメントは、多くの人に健康と美容のために飲まれています。
そしてグルコサミンには、大きく分けて3種類あります。

原料を分解する際に、硫酸塩が使われたものと塩酸塩が使われたもの、そして酵素が使われたものです。
これらはそれぞれ、特徴が大きく異なっています。

まず硫酸塩が使われたグルコサミンには、分子が大きめになるという特徴があります。
逆に塩酸塩が使われた場合には、分子が小さめとなります。その分体内に吸収されやすい点が特徴です。

そして酵素分解されたグルコサミンは、さらに分子が小さいです。
しかも他の2種類のグルコサミンは、摂取後に体内で徐々に分解されてから吸収されていくのですが、酵素分解されたグルコサミンの場合、すぐに体内に吸収されます。

本来体内でおこなわれる分解作業を、既に終えている状態なのです。
そのためスピーディに効果が出やすいことから、酵素分解されたグルコサミンで作られたサプリメントには、特に高い人気があります。


大正グルコサミンパワープラス